院長挨拶

院長:岡田 豪
院長:岡田 豪(おかだ つよし)

高齢化社会がすすむ中、医療は先端医療などの専門性を提供する大学病院と プライマリーケアを提供する施設(地域密着型の医院、クリニック)との二極化が進んできました。
「その中で当院ができる事は何か?」を考えながら、着実に変遷を遂げてきた病院が岡田病院です。

具体的には胃腸科を中心とした外科、循環器、呼吸器を含めた一般内科を軸として専門性も追求しながら、 「全身的なサポートもする」地域に密着した医療を提供して参りました。

さらに現在は、地域のクリニックおよび大学病院の先生方との連携を推進し、 地域密着型病院として患者様にとってベストな医療を提供していきたいと考えております。

人は、ともすると自分一人で大きくなったと勘違いし、横柄になります。 目の前にある事、人を大切にし、周りの方々に大きくしていただいたことを忘れず、地域医療の向上に努めたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
平成25年 7月1日

病院概要

開設:
1975年(昭和50年)7月
病院長:
岡田 豪
副院長:
笠巻 伸二
岡田 俊次
病床数:
57床(5床 1部屋、4床 9部屋、3床 1部屋、個室 13部屋)
指定医療:
東京都指定2次救急
各種健康保険
労災、生活保護法、母体保護法、自賠責
所在地:
〒116-0002
東京都荒川区荒川5丁目3番1号
電話:
03-3891-2231
FAX:
03-3891-2258